2020年4月

社会共生学部 新設

公共政策学科/社会福祉学科(設置届出準備中)

大正大学では、2020年4月に社会共生学部を開設します

日本はいま、少子高齢化、人口減少、雇用問題など多くの課題を抱えています。

社会共生学部は、社会や地域におけるさまざまな公共的課題を解決するための方法や技術を学ぶ公共政策学科と、医療・福祉・教育など幅広い分野で支援を必要としている人の相談・援助を行うソーシャルワーカー(社会福祉士、精神保健福祉士)を養成する社会福祉学科の2学科となる予定です。

掲載内容は予定であり、変更になる場合があります。

DEPARTMENT学科・コース構成

社会共生学部

公共政策学科

コース制により、一人ひとりの目的や意欲にあわせた系統的な学びを提供

  • 新しい働き方、暮らし方改革コース

    医療、介護、福祉、教育など幅広い分野で、地域包括ケアや働き方改革、多文化共生など、地域が抱える生活課題の解決について学びます。

  • 環境・自然政策コース

    環境問題、自然保護政策について幅広く学び、フィールドワークを通じて多様な環境問題に対する解決能力を身につけます。

  • 文化・観光地域づくり政策コース

    インターンシップやフィールドワークを通して、政策の立場から実践的なまちづくりを学び、観光による交流人口の増加を目指します。

  • 教育・ひとづくり政策コース

    地域の教育現場における課題やニーズを多様な視点から捉え、特色ある教育政策を企画・提案できる実践力を身につけます。

※コース名は予定であり、変更になる可能性があります

社会福祉学科

社会に広く貢献できる福祉専門職業人を育成

日本で最初にソーシャルワーカーの養成教育・研究に取り組んだ100年の伝統を背景に、「社会福祉士」「精神保健福祉士」の国家資格取得を支援し、各種ソーシャルワーカーの育成を目指します。
1年次から3年次までの段階的な実習、豊富なソーシャルワーク実習や施設体験学習を通して実践力を養い、国家試験への確実な合格を目指します。

 

Feature学びの特徴

  • 学びの特徴01

    大学で理論を学び
    実習で実践力を身につける

    1. 1

      クォーター制の導入

      1年を4学期に分けるクォーター制を導入して、講義と実習それぞれに集中できる期間をつくります。

    2. 2

      週2回授業での集中的な学び

      約8週間の学期の中で、すべての授業を週2回で実施。予習、復習の繰り返しにより、集中的に学びを深めます。

    3. 3

      アクティブラーニングで学ぶ

      双方向授業を中心にアクティブラーニングを推進してコミュニケーション能力を高め、積極的な授業参画の態度姿勢を身につけます。

    4. 4

      積極的なインターンシップ

      自治体、公共団体、民間企業での積極的なインターンシップを展開、授業での学びを実務能力に結び付けます。

  • 学びの特徴02

    大正大学 地域構想研究所の
    全面的支援

    大正大学の附置研究所である地域構想研究所から全面的支援を受けることができます。特に実習、フィールドワーク、卒業研究を実施する際には、地域構想研究所の全国ネットワーク(自治体、大学、企業、金融機関など)を活用することによって学修の場が広がります。

TUITION/CAPACITY学費・募集定員

学科名称

募集定員

入学金

授業料

施設設備費

演習実習費

合計

公共政策学科

130名

200,000円

1,000,000円

200,000円

授業料に含む

1,400,000

社会福祉学科

65名

200,000円

1,000,000円

200,000円

授業料に含む

1,400,000

ACCESS

電車をご利用の方
  • 都営地下鉄三田線西巣鴨駅下車 徒歩2分
  • JR埼京線板橋駅東口下車 徒歩10分
  • 都電荒川線庚申塚駅又は新庚申塚駅下車 徒歩7分
バスをご利用の場合
  • 池袋駅東口から都バス堀割バス停下車 徒歩2分
  • 6番乗り場 西新井駅前行き、北車庫前行き、新田一丁目行き
  • 7番乗り場 浅草雷門南行き / 12番乗り場 とげぬき地蔵前行き
  • 13番乗り場 浅草寿町行き