大正大学

年、 表現学部
カワイく 」生まれわる!

表現学部5つのコースを超えて、
「8つのライフスタイル」を学ぶ
プログラムを新設!

ファッション、グルメ、イベント、アクティビティ、アートなど、今までにない領域を加えた新たな教育プログラム。
プロジェクトの中で、所属コース以外の様々な視点から学ぶことで、魅力的な映像・広告・文章などのコンテンツを創造できる力を身につけます。

新・表現学部が目指す
“カワイすぎる”教育プログラム

カチをカタチに 新たな価値を生み出し、カタチにする力 カチをカタチに新たな価値を生み出し、カタチにする力

目指すのは、
「10年先」を生き抜くチカラ。
自分自身で考え、カタチにする
総合力を身につけます。

大正大学の表現学部が目指すのは、10年先の日本で確実に活躍するチカラ。
映像、出版、デザイン、エンタテインメント…どんな業界、どんな職種でもプロジェクトを円滑に進め、確実にアウトプットする(カタチにする)人材が求められています。
表現学部の新カリキュラムでは、自分のチカラで生き抜いていける人間力、総合力を養う学びを追求します。

学びをもっと楽しく、アクティブに!
最新&充実の学習環境

  • スタジオ スタジオ
    スタジオ

    放送や映像の現場を学べる、放送局並みの本格的なスタジオがあります。

  • ラーニングコモンズ ラーニングコモンズ
    ラーニングコモンズ

    専門図書も豊富に揃う、自学自習スペース。誰でも自由に使用できます。

  • 制作アトリエ 制作アトリエ
    制作アトリエ

    スタジオ横に併設された制作スペース。グループワーク等で活用されています。

  • PCルーム PCルーム
    PCルーム

    映像や出版・編集の仕事で必要となる、ソフトの使い方等もしっかり身につけます。

ワクワクがいっぱい! “五感”で学ぶ体験重視のカリキュラム ワクワクがいっぱい!“五感”で学ぶ体験重視のカリキュラム

ワークショップや
PBL(プロジェクトベースドラーニング)など、
体験型授業で
「現場力」「実践力」を養う!

グループワークやディスカッション、プロのクリエイターから学ぶ特別授業やワークショップなど、「実際にやってみること」を通して、実践力や現場での対応を学びます。
知識の習得だけでなく、論理的に考える力、プレゼン力を養い、様々な「表現」の業界で活躍できる実践力を身につけます。

PBLとは?
(プロジェクトベースドラーニング)

「課題解決型」の授業のこと。

大正大学では、例えば豊島区のCMをつくるなど、プロジェクトを通して、社会・企業・行政の課題解決を経験。課題を見つけ、解決する方法や、そのために必要な知識、技術を身につけていきます。

各コースで様々な
体験型プログラムを実施

  • 放送・映像表現コース 放送・映像表現コース
    放送・映像表現コース

    大正大学のCM制作を行うワークショップ。広告制作の基礎から学び、CM監督やアートディレクターによる講義も行います。

  • クリエイティブライティングコース クリエイティブライティングコース
    クリエイティブ
    ライティングコース

    毎年「アカデミックコンテスト」を開催し、書く力、表現する力を実践の中で身につけます。

  • 出版・編集コース 出版・編集コース
    出版・編集コース

    グループワークを通して、雑誌制作の流れや、DTPソフト「InDesign」を使った誌面制作など、出版・編集に関わるスキルを学びます。

    4年次の卒業制作では、学生1人ずつ、1冊の雑誌を作成!
    企画、取材、撮影、デザインなど1〜3年で学んだことの全てを活かして作品づくりに取り組みます。

  • エンターテインメントビジネスコース エンターテインメントビジネスコース
    エンターテインメント
    ビジネスコース

    在学生自身がイベントを企画・運営するプロジェクト型授業。2017年は「社会貢献×エンターテインメント」をテーマに実施しました。

イロイロ学ぶ! コース横断型プログラム イロイロ学ぶ!コース横断型プログラム

「映像」「出版」「デザイン」…
“横断型”プロジェクトで
イロんな分野を自在に学べる!

複数のコースと連携したプロジェクトにより、専攻しているコースに限らず表現学部の他コースの学生と協力しながら、様々な業界、職業に触れることができます。
様々な立場、役割の仕事を複合的に学ぶことで、たくさんの人と一緒にプロジェクトを推進していくチカラを養います。

「放送・映像表現コース」の場合

従来のプログラム

映像編集や撮影技術、スタジオワークなど、「映像・編集」に特化した授業や体験実習がほとんど。

表現学部の新プログラムなら!

「出版・編集」「ライティング」など他のコースと合同でプロジェクトを行うことで、自分の専門分野以外の職業やそのつながり、プロジェクトマネジメント等も学ぶことができます。

合同プロジェクト(一例)
テーマ:「東北の旅をプロデュース」

  1. 1「出版・編集コース」「放送・映像表現コース」「エンターテイメントビジネスコース」が連携して一つのプロジェクトに取り組みます。
  2. 2実際のビジネスの現場でも、一人で仕事が完結することはほとんどありません。
    複数のコースが関わることで、イベントプランナーやカメラマン、映像編集者、広告ディレクターなど、様々な立場の人、仕事を知ることができます。
  3. 3自分の専門分野以外の様々な仕事、役割を知ることで、広い視野でモノゴトを考え、企画する力、プロジェクトをマネジメントする力も身につきます。