ADMISSION地域人材育成入試

(奨学金型)

地域人材育成入試(奨学金型)

大正大学では「将来は地域のために活躍したい!」と考えている高校生(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県在住者は除く)に向けて、次世代地域リーダーを育成するための入試制度を展開しています!※島嶼部は除く

入試概要

地域創生学部を志望し、将来、出身地域に戻り、地域を担う将来像を持った受験生を対象とする奨学金型の入試です。

  • Point 01

    入学後の授業料全額免除

    ※2年次以降の継続要件は、GPA(学業
    平均値)が2.8以上であることです。

  • Point 02

    4年間の全寮制教育!

  • Point 03

    特別課外プログラムを用意!

※2年次以降の継続要件は、GPA(学業
平均値)が2.8以上であることです。

地域・高校・大学の3者が密に連携し、地域創生を担う学生を育成。地方と都市の共生をめざして、豊かなネットワーク力とマーケティング力、マネジメント力を備えた地域に新たな強みをもたらす次世代地域リーダーを輩出します。

次世代地域リーダー育成マップ

地域人材育成入試の詳細を見る

東京ミライ留学身につける地域創生に必要な3つのチカラ

次世代地域リーダー育成プログラム

  • 01

    ネットワーク力

    同士やビジネスパートナーとの全国ネットワークを築く!

    全国各地から集う未来の地域イノベーターや将来のビジネスパートナーとの出会いは、あなたが地域で何かを仕掛ける時の貴重な財産になります。また、教育寮で築いた強い繋がりは、生涯あなたに知的な刺激と精神的な安心を与え続けてくれるでしょう。

  • 02

    マーケティング力

    世界最先端・最大規模の東京マーケットと向き合う!

    ヒト・モノ・カネ・情報・ブランドが猛スピードで動き、変わり続ける未来都市・東京。一方で、食・環境・エネルギー等の面で地方に依存し続ける東京。都市と地方の共生を実現するために、東京のビジネスやマーケットと本気で向き合います。

  • 03

    マネジメント力

    教育寮と特別課外プログラムで自立心とリーダーシップを養う!

    1人で大きなことはなし得ないし、自立せず大きな集団を率いることはできません。将来、地域を変えるプロジェクトを実現するために、親元を離れ、自立を基盤にしたリーダーシップを身につけます。

地元に根を張り日本を飛び回る地域リーダーになる

PROGRAM01

教育寮というラーニング・コミュニティ

身につくチカラネットワーク力・マネジメント力

地域人材育成入試にトライし、入学した学生は学生寮に入寮します。
同じ志をもった学生同士の学び合い、濃密な時間の中でマネジメント力やリーダーシップを養います。

大学敷地内のドミトリーは個室完備。
学生自身の自治運営を目指します。

寮の自治をサポートする
ロードン・パトリック

フランス生まれ、3ヶ国語を扱うエグゼクティブコーチ。
起業家としての顔を持つ一方、心理学や社会学、哲学への好奇心から、コーチングと組織開発にも通じ、外資系企業および組織の活性化を目指す日系企業を中心に、人材開発と組織開発のサービスを開発。
2019年4月からは大正大学の地域人材育成入試入学者学生寮のエグゼクティブコーチとなり、学生のコーチングや学生による寮運営のサポートを行う。

    ネットワーク力

  • 自立した生活

    常駐の寮母はおらず、門限・外泊届といった規則もありません。自立した生活を送るために必要なルールや仕組みを寮生たちが自ら検討・運用し、共生の姿勢・習慣を身につけます。

    マネジメント力

  • 学びあいの空間

    寮生同士・社会人メンターなど、様々な価値観・強みを持った人、同じ志を持った仲間との出会いは人生を加速させます。興味関心を広げるだけではなく、時には深く内省の機会を持つことで「未知の自分」を発見します。

  • リーダーシップ教育

    共同生活には、不便なこともたくさんあります。日常を共にするからこそ、他者と出会い、最初は戸惑うこともあるかもしれません。「誰かがなんとかしてくれる」ではなく、他者を自分事として捉え、向き合うことで、真のリーダーシップを養うことができます。

リーダーシップ教育は「自分」「他者」「コミュニティ」の3つの要素があると考えています。自分自身について探求して、他者との関わりを深めて、コミュニティについて理解することで、全体を引っ張っていく存在になると考えます。
教育寮では、それぞれの要素について学ぶ機会が生まれます。

次世代地域リーダーになる

地域人材育成入試の詳細をみる

PROGRAM02

特別課外プログラムで地域課題解決の実践

身につくチカラネットワーク力・マーケティング力・マネジメント力

地域実習+αの特別課外プログラムに参加し、活動を通じて地域創生の最前線を学び、課題解決も行なっていきます。

地域創生学部
カリキュラム

特別課外
プログラム

課題解決の最前線を知ることで、リアルタイムで実践的なマーケティング力とマネジメント力が身につき、卒業後に役立つ人的ネットワークを形成することができます。

東京マーケティングLABOの一例

特別課外プログラムで学生たちが地方企業の代わりに東京のマーケットニーズ調査や情報収集・分析を行います。
リアルなフィールドで調査を行うことでリアルなマーケティングを実践することができます。

特別課外プログラムを
受けてみてどうですか?

  • 宮崎県出身

    柳田 義海さん

    東京という立地を生かして、
    地元企業の課題解決に日々奮闘中!
    高校時代から地域探究活動やプロジェクト活動に取組んできました。この経験と東京という立地を生かして、現在も地元企業の課題解決に日々奮闘中です。大学生になり、高校時代よりも企業に求められるレベルが上がっているため苦労もありますが、親身になって相談に乗ってくれる教員がいるので心強いです。
  • 島根県出身

    新田 芽映さん

    専門の教員からマンツーマンで
    指導が受けられるのは最大の魅力!
    私は現在、地方と都内の企業を繋ぐためマーケティングの勉強をしています。そのため、マーケティングを専門とする教員からマンツーマンで指導が受けられることは最大の魅力です。加えて、自分では思いつかないアイディアで刺激を与えてくれる同級生とこのプログラムに取り組めることも魅力の一つです。

この他の地域構想研究所の教員はこちら